経年や万一の災害からも暮らしを守り続ける、
価値を維持する住まいであるために。
経年や万一の災害からも暮らしを守り続ける、価値を維持する住まいであるために。

住宅の基本性能として、その地にあるべき強固さを備えた構造を徹底的に追求しました。住宅の基本性能として、その地にあるべき強固さを備えた構造を徹底的に追求しました。

STRUCTURE

強固な杭基礎構造

「ブリリアンコート市川原木中山」では場所打ち鋼管コンクリート杭による杭基礎工法を採用しています。建物の下に杭を打ち込み、杭の先端を支持地盤まで到達させて地盤と杭による摩擦力と支持地盤による反力により建物全体を支えています。(住棟のみ)

杭調査のポイント

基礎設計にあたっては、事前に地質調査を行い支持地盤の位置を確認します。その調査結果と計画する建物の重量や形態を照らし合わせ、地盤に最も適するよう基礎の設計を行います。基礎工法には大きく分けて杭のない直接基礎と杭を用いた杭基礎の2種類があります。「ブリリアンコート市川原木中山」では地質調査に基づき杭基礎工法を採用しました。

溶接閉鎖形帯筋

地震の横揺れなどによるせん断破壊を防ぐため、建物を支える柱には帯筋のつなぎ目を溶接した溶接閉鎖形帯筋を採用しました。
(基礎仕口部を除く)

ALCパネル外壁

外壁はコンクリート厚15cm以上またはALCパネル厚10cm以上としました。また室内側は断熱材(一部除く)・プラスターボードなどにより断熱性を高めています。

二重天井栓

コンクリートスラブと床・天井材の間に空間層を設け、配管・配線をしやすくしています。

遮音性の高いフローリング

ΔLL45(Ⅰ)等級のフローリングを採用。遮音性能を高めるため、L-50を設計目標としています。

コンクリート強度

住棟には、30N/㎟(設計基準強度Fc)のコンクリートを採用しています。これは1㎡あたり約3,000トンの圧縮に耐える強さを表しています。※さらに水セメント比を50%以下に抑えることで高い耐久性を実現しました。また付属建物には、1㎡あたり約2,100トンの圧縮に耐える強さとなる21N/㎟(設計基準強度Fc)のコンクリートを採用し、水セメント比を60%以下に抑えています。(杭・土間コンクリート等除く)

コンクリート劣化対策

コンクリートの耐久性強化のため、コンクリート強度と耐久性を左右する水セメント比(セメントに対する水の比率)を50%以下に抑え、設計かぶり厚は約30㎜以上を確保し耐久性を高めています。(住棟のみ)

地震自動感知エレベーター

エレベーターには、地震の初期微動をキャッチするP波センサーを設置しています。地震にはP波(初期微動)と振動エネルギーの大きいS波(本震)がありますが、 地震発生時に速度の速いP波をいち早く感知。S波が到達する前に最寄階に着床し、速やかに外に出られるよう扉を開きます。また万一停電になってもエレベーターに内蔵したバッテリーにより、自動的に最寄階に止まって扉を開きます。

24時間低風量換気システム

窓を閉めた状態でも、微風量で常時新鮮な外気が取り込める24時間換気機能を備えた浴室暖房乾燥機を採用。結露やカビを極力抑え、快適さを保ちます。

ダブル配筋

主要な床・壁には鉄筋を格子状に組み上げるダブル配筋を採用しています。シングル配筋に比べてより高い強度を発揮します。(一部除く)

アウトポールによる設計

バルコニー側では、建物の主要構造部となる柱を住戸の外に出すことで室内に柱が張り出すのを抑え、すっきりとした空間を実現しました。柱の凹凸によって生じる無駄なスペースがなくなるので、室内の家具レイアウトもいっそう自由になります。

断熱設計

外部に面する壁や柱・梁などに断熱性に優れた吹付け硬質発泡ウレタンを使用し、屋上には硬質ウレタンフォーム保温板等の断熱材を敷き詰める外断熱方式を採用。また、最下階住戸には床スラブ下に断熱材を施すことで保温性能を高めました。(一部除く)

対震枠玄関ドア

ドア本体と枠の間に適切な隙間を設定。大地震でドア枠が多少変形してもクリアランスによりドアの開閉ができるため、避難路の確保が可能となります。

CONTACT
[ブリリアンコート市川原木中山]マンションギャラリー 0120-288-069 営業時間/11:00~18:00 定休日/毎週火曜・水曜日
PAGE TOP